jsd-logo-transparent.png

学校の歴史

 

デンバー日本語補習学校の歴史

学校の主な沿革
1981年9月 日本企業懇話会の設立常陸宮殿下及び妃殿下のデンバーご訪問の際、デンバー周辺への進出日本企業の代表者もレセプションに招待され日本企業 14 社の存在が明らかになった。この事が日本企業懇話会の設立の動機となって、正式に日本企業懇話会が設立された。日本企業懇話会の調査により、14 社に在留する邦人児童生徒が 27 名もいる事も判明して、学校設立の運動が始まった。
1981年10月 学校運営委員会の設置日本企業懇話会の中に学校運営委員会を設置して日本語補習学校の開校準備を進める。
1981年12月13日 日本語補習学校をスタート
コロラド大学のウイリー永井教授を校長にお願いして、4 名の教師を採用、アラパホ・コミニティ・カレッジの4教室を借用して、毎週日曜日午前 9 時から午後 3時までの学校をスタート。教科は国語・算数。4 月の新学期より新 1 年生となる 4名の幼稚部児童を含めて 24 名(小学部 16 名、中学部 4 名)の生徒数であった。
  登録; 海外子女教育振興財団 1981 年 12 月
  コロラド州 1982 年 2 月
  文部省、外務省よりの認定 1982 年 4 月
1982年4月4日 デンバー日本語補習学校正式に開校
児童数 23 名(小学部 18 名、中学部 5 名)教師 4 名で補習学校として正式に発足。教科は国語・算数・理科・社会
1989年11月3日 デンバー補習学校ウイリー永井校長が勲 4 等瑞宝章を受賞される。
1991年7月21日 デンバー補習学校 10 周年、山形県・コロラド姉妹都市 5 周年記念の合同植樹祭をアラパホ・コミニティ・カレッジにて行う。アメリカ産サクランボの苗を日本語補習学校使用校舎前に、山形県郷土芸能「黒川能」一行、児童、アラパホ・コミニティ大学関係者一緒に植樹
1993年9月7日 IRS より正式に、NON PROFITABLE ORGANIZATION として登録認可
1998年 デンバーサミット開催、デンバーに来訪された橋本首相よりデンバー補習学校に、コンピューター、顕微鏡等が寄贈された。
1999年3月 副校長を新設、今村忠良氏に就任して頂いた。
1999年5月 アラパホ・コミュニティ・カレッジ改装の為、スプリング・インターナショナル・ラングエッジ・スクールに校舎移転
2000年4月 在デンバー日本国総領事 水谷周氏、名誉校長就任
2000年9月10日 再び、アラパホ・コミュニティ・カレッジに校舎を移転
2000年9月10日 有森裕子さんを迎え、運動会の練習
2001年9月 秦 邦明氏 校長就任
2001年9月23日 幼稚部運営開始
2001年9月30日 有森裕子さんと金沢イボンヌさんをゲストに迎えて運動会開催
2006年9月 清水秀子 校長就任
2010年4月 コロラド州よりプレスクールの運営ライセンスを取得(ライセンス#159336) プリスクール「さくら組」開講
2011年6月 学校校舎(借用校舎)を、リトルトン市アラパホコミュニティーカレッジより、ハイランズランチ市サンドクリークエレメンタリースクールに移転
2013年4月 臼井洋一 校長就任
2014年10月 学校校舎(借用校舎)を、ハイランズランチ市サンドクリークエレメンタリースクールよりリトルトン市カレジエイト・アカデミー・オブ・コロラドに移転
コロラド州からプリスクール「さくら組」に対してエグゼンプションスクールの許可を取得(エグゼンプション許可ID 1648246)
2015年4月 ジョーン・エリクソン先生 教育アドバイザー就任 
2016年4月 文部科学省 在外教育施設派遣 デンバー補習授業校長 佐々木光治 校長就任